気候変動MS調査について

調査の目的

「気候変動への取り組みに関する企業のマネジメントシステム調査」(気候変動MS調査)は、気候変動への対応に関する各企業のマネジメント体制を調査し、社会責任投資(SRI)ファンドや年金において、そのような取り組みを重視した長期の投資を誘発することにより、企業の持続的成長と、持続可能な社会の実現を目指すことを目的としています。
2010年1月に、本調査結果に基づく新たな投資信託の運用が開始されました。

調査のポイント

気候変動MS調査において重視する項目は以下の通りです。

  • @
    気候変動への取り組みを通じた、持続可能な社会の実現のための経営トップのコミットメントは十分か。(リーダーシップ)
  • A
    気候変動への取り組みに関する、企業としての長期的な方針が策定され、十分な開示が行われているか。(コミュニケーション)
  • B
    気候変動への取り組みを推進するための社内体制は構築されているか。(マネジメントシステム)
  • C
    具体的な気候変動への取り組みについて。(サステナビリティ)