モニタリング

モニタリング―コンプライアンスモニタリング

コンプライアンス評価のためのモニタリング コンプライアンス実態の見える化とリスクの洗い出し機能
1 マネジメントシステム評価ECS2000、R-BEC001に基づくマネジメントシステム調査
(取締役会報告によるコーポレートガバナンス・コードへの対応)
※「ECS2000」とは、麗澤大学企業倫理研究センターが1999年に発表した倫理法令遵守マネジメント・システム規格。
3 海外グループ会社意識調査対応言語(英語、中国語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語 等)
2 スマートモニタリング評価企業行動における不正の動機・機会・正当化評価 4 お取引先(購買先)意識調査お取引先を対象とした公正な取引に関わるリスク実態の調査
●全体フロー図 全体フロー図
コンプライアンスモニタリングの特徴
  1. ①第三者機関への委託調査のため、実態や課題が他社比較によって明確化される。
  2. ②経年調査の実施により、課題の改善度、施策の効果が検証できる。
  3. ③意識調査そのものが研修代替機能となり、アンケートへの参加により一体感の醸成が可能となる。
  4. ④客観的なコンプライアンス体制評価および報告が可能となる。
    (コーポレートガバナンス・コードへの対応)