モニタリング

CALーコミュニケーション・アラーム・ライン

不正防止のためのCAL(コミュニケーション・アラーム・ライン) 人工知能(AI)によるメールチェック機能
1 メールにおける各種コンプライアンス違反の早期洗い出しによる不正の未然防止(コンプライアンスエンジン) 3 膨大なメールを対象とした効果的な監査の実施
2 メールにおけるハラスメントのチェックによる職場環境のリスクの検知と対応(ハラスメントエンジン) 4 モニタリング・ホットライン機能に続く、新たな不正防止の仕組み
●全体フロー図 全体フロー図
※ 2017年2月18日現在、CALの新規受託(トライアルサービス)は終了しております。
CALの特徴 読み込むことが困難な大量のメールをNECのAIが解析し、リスク度の高いメールを検知。検知されたリスクメールをインテグレックスが読み込み、ハラスメントやリスクに関する報告書を作成します。
CALのAIについて NECの開発した最新のビッグデータ解析用人工知能(AI)は、テキスト含意認識が特徴。単語ではなく全体の文意理解により、表現の違いに左右されない分析が可能であるため、ハラスメント・コンプライアンス違反、コンプライアンス違反指示メールをより高精度に検知できます。